【金融庁の最高傑作】つみたてNISAとは?メリット・デメリットを徹底解説

つみたてNISA

本日はつみたてNISAについて解説していきます。

資産運用の初心者の方にもオススメの制度ですので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは?

投資信託による積み立て投資の利益に対する課税が0円になる口座のことをつみたてNISAと言います。

通常、株式や投資信託の運用益はもちろん、普通預金の金利は20%税金が掛かります。

例えば、100万円の株式から20万円利益が出たら4万円の税金がかかりますし、100万円の普通預金から100円の利息が出たら20円の税金がかかります。(※実際には金融機関が税金を抜いた金額を振り込んでくれます。)

税金が無くなるので、それだけ見ると良い制度ですよね。

ただ裏がある訳でなく、ほとんどメリットばかりの制度です。

もちろんつみたてNISAには、以下のような条件もあります。

<つみたてNISAの条件>
・限度額:つみたてNISAで投資をできる金額は40万円/年まで
・限度期間:つみたてNISAに投資をできるのは最長20年まで(かつ2042年まで)
・口座数:1人1口座まで ※通常NISAと併用不可
・対象商品:金融庁が対象に定めた商品のみ

詳しくは以下の金融庁のページをご覧ください。

つみたてNISA : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。つみたてNISAとは、TODO

つみたてNISAのメリット

先程お伝えした通り、利益に対する課税が0円であることがメリットの1つです。

もう1つのメリットは、金融庁のお墨付き商品しか買えないことです。

金融庁が対象に定めた投資商品のみという点が気になりますよね?

しかし寧ろ、初心者が投資に失敗しないように、良い商品のみとなっているので、メリットであると言えます。

具体的には、以下の3つの条件を満たす投資信託が、金融庁のお墨付き商品となっております。

<つみたてNISA対象の投資信託の条件>
・手数料が一定水準以上安い
・毎月分配型でない
・デリバティブ取引を行っていない

手数料が安いことは、シンプルに消費者のとってメリットとなります。

毎月分配型の投資信託とは、4年前に金融庁が名指しで批判をした商品ですので、基本的には避けるのがベターです。(※以下当時のニュース記事)

毎月分配型投信、初の資金流出 金融庁批判受け上期 - 日本経済新聞
収益の一部を月々受け取れる「毎月分配型」の投資信託の販売が苦戦している。投資信託協会によると、毎月分配型投信は1~6月に202億円の資金流出となった。流出はデータのある2010年7~12月以降で初めて。以前は投信の最大の売れ筋商品だったが、金融庁が資産形成に不向きだとして問題視したことなどから顧客離れが起きている。資金...

デリバティブ取引は、プロ向けの難しい取引です。詳しい解説は省きますが、初心者は手を出さなくて良い商品です。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAを利用することで、場合によっては将来の課税額が増える可能性があります。

これがつみたてNISA唯一のデメリットと言えるでしょう。

なぜ課税額が増える可能性があるかというと、20年後の期間終了時の時価が、最終的な取得価格になるためです。

わかりづらいので具体例を用いながら説明します。

例えば、ほとんど有り得ない極端なケースですが、つみたてNISAの限度額40万円/年で積立投資を始め、20年後の時価がほとんど0円になっていて、翌年1,000万円に回復した場合を考えます。

つみたてNISAだと20年後の時価が取得価格になることから、取得価格がほとんど0円になるので、1,000万円が利益になります。つまり1,000万円の20%の、200万円の課税となります。

一方でつみたてNISAを使わなかった場合だと、掛け金がそのまま取得価格になることから、取得価格が800万円(=40万円/年✕20年)なので200万円が利益となります。つまり200万円の20%の、40万円が課税となります。

この場合、つみたてNISAの方が課税額が増えてしまいますね。

このようなデメリットも考えられるため、20年目の運用終了時に近づいたら、時価の高いタイミングで取り出せるようにチェックしておくと良いでしょう。

とは言え、アメリカの株価の過去データを見ると、20年積立投資をして損をしたパターンは0でした。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【最強のインデックス投資】S&P500の過去データから、リターンと損失の可能性を考えてみた
こんにちは。 本日は、アメリカ株式のインデックス投資として最も有名な1つでもある、S&P500の過去データを元にリターンや損失の可能性を考えていこうかと思います。 既にS&P500に連動する投資信託を購入している...

そのため、そこまで心配しなくても良いかもしれないですが、つみたてNISAの終了タイミングについては念のためチェックしておきましょう。

強いてデメリットを上げるとこの1つくらいでして、それくらい良い制度と言えるのがつみたてNISAです。

余談ですが、政府が税金を優遇している制度ということは、国民に使ってほしい制度であるため、有効活用するのがベターですね。

つみたてNISAを作るのにオススメの口座

つみたてNISAを作って投資信託を買う場合は、手数料が安くクレジットカードでもポイントが貯まるSBI証券もしくは楽天証券がオススメです。
※私はSBI証券を開いております。

それぞれ以下のリンクから口座開設が可能です。

SBI証券の口座開設はこちら▶

楽天証券の口座開設はこちら▶

最後に

いかがでしたでしょうか?

その他色々は知識をブログでご紹介していきます。
個別のご相談等は、Twitterまでご連絡いただけますと幸いです。

以下、関連記事です。

投資信託で老後資金を貯めている方は、老齢年金の受給金額も確認してみてください。

老齢年金の受給額の早見表
本日は老齢年金の受給額の目安になるように、早見表を作成しましたので、ご覧ください。 先日は詳細な計算方法を記載しました。 しかし「計算が面倒!」という方も多いと思いますので、こちらの記事も参考にしていただけますと幸いです...

 

私のオススメの投資信託を紹介しています。全てつみたてNISAの対象商品です。

FPも実際に購入しているオススメの投資信託 ~3選~
こんにちは。 本日は、私が実際に購入しているオススメの投資信託を3つご紹介いたします。 理由とともに記載していますので、是非参考にしてみてくださいね。 【ファンド①】SBI・V・S&P500インデックス・ファンド S...

 

私のつみたてNISAの運用実績を公開しております。

【2021年7月】FPの運用実績を公開 ~つみたてNISA編~
私個人のつみたてNISAの運用状況をご紹介できれば思います。つみたてNISAがお得な制度であることはよく聞きますが、実際に投資信託を積み立てていく第一歩が踏み出せない方もいらっしゃるのではないかなと思います。参考にしていただければと思いますので、ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました