【本当に2,000万円必要!?】老後資金はいくら必要なのか?

社会保障制度

2019年の夏に、金融庁が「老後資金が2,000万円不足する。」という報告書を上げたことがありました。

あながち間違いではないと、私は思いますが、一方でそれぞれの家庭で個人差が大きいかとも、私は思います。

本日は具体的な、老後資金の算出方法を解説します。

スポンサーリンク

老後の支出入の差を計算すれば、老後必要資金は計算できる!

非常にシンプルですが、

・老後の収入と支出を把握して、
・何歳までの資金を準備するのかを検討し、
・それまでのキャッシュフローを計算する、

ことで、老後必要資金の計算が可能です。

例えば、金融庁のレポートでは、平均的な老後の収入は、平均的な支出に対して5万円/月足りないと計算されていて、仮に65歳から95歳まで30年間生活した時に、 5万円/月✕12ケ月✕30年間=1,800万円の資金が必要になるので、「老後資金は2,000万円不足する可能性がある」としておりました。

なかなか理に叶ってますよね?

実際に、65歳の男性は平均19.8年間、65歳の女性は平均24.6年間生きると、厚生労働省の管理生命表には記載されています。

令和元年簡易生命表の概況|厚生労働省
令和元年簡易生命表の概況について紹介しています。

あくまで平均して生きる期間なので、平均より少し5~10年長く生きるだけで95歳になりますので、 現実的な計算であるなと私は思いました。

しかし、収入と支出もあくまで平均なので、皆さんがご自分のケースで計算をすれば、 「2,000万円も貯めなくていいんだ!」「2,000万円じゃ足りなそうだ!」 という気づきもあると思いますので、是非一度計算してみてください。

老後の収入を算出する

老齢年金

老後の収入については、老齢年金がベースになります。 具体的にいくら貰えそうかは、以下の記事を参考にしてください。

https://y-fp.com/old-age-pension-quick/ https://y-fp.com/old-age-pension/

またマクロ経済スライドにより、老齢年金額は物価に対して実質目減りする可能性があります。

2019年の厚生労働省の財政検証を見たところ、個人的には物価に対して15~25%ほど減ったとして見るのが良いかと思います。

https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/report/index.html  

その他の収入

老齢年金以外にも、株式の配当金や、不動産の家賃収入などがある方もいらっしゃるかと思います。

そちらについても、収入としてカウントしておいてください。

ただし、あくまで変動があるものなので、硬めな金額で見積もっていてください。

老後の支出を算出する

老後の支出に関しては、生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、

最低日常生活費:平均22.2万円/月 ゆとりのある生活費:平均36.1万円/月

とのことでした。

生活保障に関する調査|調査活動|公益財団法人 生命保険文化センター
公益財団法人生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する様々な情報を提供しています。(設立1976年)

また総務省によると、

平均的な老後の生活費:26.4万円/月

とのことでした。 しかし、あくまで平均値になりますので、皆さんの個別の生活費を計算する際は、以下の記事を参考にしてみてください。

誰でもできる!将来の支出額を予測できる方法
本日は、誰でも簡単に将来の支出額を予測できる方法をご紹介いたします。 少し手間は掛かりますが、ファイナンシャルプランニングをする上で、非常に重要な内容となりますし、誰でもできるように簡易化しています。 実際に私がFP相談で家計を...

セカンドライフの必要資金を算出する

セカンドライフとは、夫婦2人で生活する期間です。

実際に老後の生活費を計算してみましょう。

収入については、例えば、65歳の夫婦でそれぞれが平均年収500万円で40年働いた会社員だった場合を想定します。

この場合、老齢年金の受給額は1,877,100円/年となります。(※2021年現在の制度)

2人分なので、3,754,200円/年ですね。

しかし、マクロ経済スライドにより、物価に対して20%目減りしたと考えると、3,003,360円/年(=3,754,200円/年✕80%)と考えられます。
※簡易的な計算をしています。

月額に直すと、約25.0万円/月ですね。

この収入金額であれば、最低限の生活費は賄えそうですね。

しかし平均的な生活費の26.4万円/月や、ゆとりのある生活費の36.1万円/月は賄えないですね。

それぞれ、男性側の平均余命の19.8年、約20年として計算すると、

平均的な生活を送る場合:336万円=(収入25.0万円/月ー支出26.4万円/月)12ケ月✕20年
ゆとりのある生活を送る場合:2,664万円=(収入25.0万円/月ー支出36.1万円/月)12ケ月✕20年

が必要になります。 また上記に、葬儀などの整理資金として200~300万円(最低限なら50万円)ほどが加わります

サードライフの必要資金を算出する

サードライフとは、寿命の差により、残された1人が生活する期間です。

こちらも実際に計算していきましょう。

収入については、1人分の老齢年金になるので1,877,100円/年となります。(※2021年現在の制度)

先程と同様に、20%目減りしたものと考え、月額に直すと約12.5万円/月となります。

支出については、収入と違い半分にはなりません。

例えば、携帯代などは半分になるかと思いますが、光熱費や住宅の固定資産税などは半分になりません。

一般的には、70%になると言われています。

とすると、

最低限の生活費:約15.6万円/月 平均的な生活費:約18.5万円/月
ゆとりのある生活費:約25.3万円/月

となります。

65歳の女性の平均余命は24.6年間でしたので、95歳まで5年間サードライフを過ごした場合を計算すると、

平均的な生活を送る場合:360万円=(収入12.5万円/月ー支出18.5万円/月)12ケ月✕5年
ゆとりのある生活を送る場合:768万円=(収入12.5万円/月ー支出25.3万円/月)12ケ月✕5年

が必要になります。

またセカンドライフと同様に、上記に葬儀などの整理資金として200~300万円(最低限なら50万円)ほどが加わります。

老後必要資金のまとめ

まとめると、

・老後の収入と支出を把握して、
・何歳までの資金を準備するのかを検討し、
・余命までのキャッシュフローを計算する、

ことで、老後必要資金の計算が可能です。

先程の年収500万円の夫婦の場合を計算しましたが、

・平均的な生活を送る場合:生活費696万円、整理資金400~600万円
・ゆとりのある老後を送る場合:生活費3,432万円、整理資金400~600万円

が必要となります。

共働きの場合ですので、平均的な生活を送る場合は、必要資金は2,000万円以下となりますね。

しかし、片働きの場合、夫婦どちらかの老齢厚生年金がほぼ0円ですので、上記よりも約1,700~2,000万円は必要資金が増えます。
(老齢厚生年金1,096,200円/年✕20年✕80%の収入が減るため。※女性が働いていない場合はさらにサードライフの収入も減る。)

このように、

・夫婦の就労状況がどうなのか、
・支出額はいくらになりそうなのか、

で大きく必要資金は変化します。

ぜひ皆さんそれぞれ計算してみてくださいね。

老後資金を貯めるのにオススメの方法

老後資金を貯めるのには、確定拠出年金が一番おすすめです。

企業型と個人型(iDeCo)がありますので、お好みの方をご利用されるのが良いかと思います。

私は勤め先に導入されている企業型と、個人で開いたSBI証券のiDeCoの両方を使っています。

SBI証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら▶

最後に

いかがでしたでしょうか?

「計算が難しい!」と思った方は、私まで連絡をください。

その他色々は知識をブログでご紹介していきます。

個別にご相談も受けれますので、Twitterまでご連絡いただけますと幸いです。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました