【お金が貯めやすい!】貯蓄用口座にオススメの銀行 5選

資産形成

こんにちは。

本日は貯蓄用口座にオススメの銀行 5選について解説していきます。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

貯蓄用口座にオススメの銀行 5選

私が貯蓄用口座でオススメする銀行は、以下の5つです。

<貯蓄用の普通預金口座でオススメの5つの銀行>
・住信SBIネット銀行
・ソニー銀行
・auじぶん銀行
・PayPay銀行
・イオン銀行

どれか1つでもメインバンク以外に持っておくのがオススメです。
※私は住信SBIネット銀行を利用しております。

理由はこれから解説していきます。

住信SBIネット銀行の開設はこちら▶

ソニー銀行の開設はこちら▶

auじぶん銀行の開設はこちら▶

PayPay銀行の開設はこちら▶

イオン銀行の開設はこちら▶

貯蓄用の銀行口座としてオススメする理由

無料の自動引落サービスが使えるため

私が、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、auじぶん銀行、PayPay銀行、イオン銀行の5つの銀行をオススメするのは、自動引落サービスが手数料無料で使えるためです。

例えば住信SBIネット銀行の場合、毎月5日もしくは27日に引き落とし設定をすると、設定した日付にメインバンクからお金が引かれて、4営業日後に住信SBIネット銀行にお金が入金されるようになります。


(※住信SBIネット銀行のホームページより参照)

具体的な日付の例を上げると、2021年7月の場合、7月5日(月)もしくは7月27日(火)にメインバンクからお金が引き落とされ、7月9日(金)もしくは8月2日(月)に住信SBIネット銀行にお金が入金されます。

ちなみにソニー銀行とPayPay銀行は、住信SBIネット銀行と同じ条件です。

auじぶん銀行は、設定できる日付が6日もしくは26日である点が異なり、引き落としから入金まで4営業日である点は変わりません。

イオン銀行は、設定できる日付が6日もしくは23日である点が異なり、引き落としから入金まで5営業日である点も異なります。

設定できる金額は、10,000円以上から1,000円単位となっており、5つの銀行は全て同じです。

給与振込先として指定されづらいため

私がオススメしたようなネット銀行は、給与振込先として勤務先に指定されづらいため、オススメしています。。

勤務先に左右されますが、メガバンクが給与振込先となる可能性が高いです。
※私も勤務先に指定でメガバンクの口座を1つ開設したことがあります。

なぜ給与振込先として指定されづらいことが重要かというと、銀行口座は貯蓄用と生活費用に分けることがオススメだからです。
(※可能であれば、貯蓄用、投資用、生活費用の3つに分けることをオススメします。)

ちなみに住信SBIネット銀行もしくはソニー銀行であれば、5つまで目的別口座を作れます。

イオン銀行も積立式の定期預金の名前を付けることで管理することができそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

その他色々は知識をブログでご紹介していきます。
個別相談もできますので、Twitterかお問い合わせからご連絡いただけますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました