【完全保存版】医療保険の選び方

保険

こんにちは。

本日は、医療保険を検討する上で、どのようなことを考えればよいか、解説していきます。

これから加入をする方にも、現在加入しているものを見直す方にも参考になると思います。
ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

もし治療が発生したらいくらくらいの費用が発生するか

先ずは、もし入院治療が発生したら、いくらの費用が発生するか、考えてみましょう。

費用については、

・健康保険適応の費用
・健康保険適応外の費用

に分けて見ていきます。

健康保険適用の費用

健康保険には、治療費が3割負担になる以外に、高額療養費制度というものがあり、
多くの方は健康保険適応の治療費が10万円/月を超えることはほとんどないでしょう。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

最強の医療保険!意外と知らない健康保険の2つの制度とは?
この記事では、日本の健康保険(=公的医療保険)について解説していきます。 健康保険(=公的医療保険)は大きく分けて、以下3つの種類があります。 ・社会保険(被用者保険) ・国民健康保険 ・後期高齢者医療制度 日本では国民皆...

そのため、どれだけ高額な費用がかかる手術をしたとしても、どれだけ高額な薬を使ったとしても、10万円/月あれば問題ない場合がほとんどです。
(※年収が600万円以上の方は18万円/月、年収が1,000万円以上の方は26万円/月程度でお考えください。)

この金額を貯蓄から払いたくなければ、医療保険に入った方が良いです。
一方で、貯蓄から払っても問題ないという場合には、医療保険に入る必要性は少ないです。

健康保険適用外の費用

健康保険保険が適用外となる費用は、治療費とそれ以外に別れます。

治療費については次項で説明しますので、治療費以外のものについて先に説明します。

主にかかるのは、

・入院するベッド代
・食事代
・その他の生活費

です。

入院するベッド代は、1部屋に6人が入院する大部屋であれば0円です。
一方で、4人しか入院しない部屋、はたまた2人や1人と、少ない人数の部屋になるとお金がかかり、当然人数が少なければ少ないほど金額は上がります。

ベッド代は地域差が大きい費用なので、ご近所の病院を調べてみると良いかと思います。
(ちなみに東京住まいの私の近所の病院をWeb検索したところ、1人で入院できる個室は、1.5~7万円/日でした。)

食事代については、1食460円です。
ですので、1,380円/日ですが、日常生活を送れている時と大差ないと思うので、無視しても良い費用かと思います。

その他の生活費については、テレビの閲覧や、その他の暇つぶし用の費用になります。
テレビも病院によって差があるようですが、私の近所の病院では1,000円で11~12時間見れるカードが買えるようですので、300~500円/日程度になるかと思います。
雑誌や漫画を1日1冊買ったとしても、1日数百円です。
どちらも食費と同様に、無視しても良い費用かと思います。

以上を踏まえますと、

・入院するベッド代 → 0円/日~ ※個人差あり
・食事代 → 1,380円/日
・その他の生活費 → 1,000円/日~ ※個人差あり
くらいになるかと思います。
どの程度使いたいかにも左右されますが、こちらも、この金額を貯蓄から払いたくなければ、医療保険に入った方が良いですし、貯蓄から払っても問題ないという場合には、医療保険に入る必要性は少ないです。

健康保険適応外の治療費について

健康保険適応外の治療費については、

・先進医療
・自由診療

に別れます。

先進医療は、簡単に言えば厚生労働省が定めている最先端の治療で、治療費が全額自己負担になります。
2021年5月現在、一番高い治療で300万円代です。
詳しくは、以下の厚生労働省のページをご参照ください。

先進医療の概要について

自由診療は、保険適用の治療でもなく、先進医療でもない治療で、こちらも治療費が全額自己負担になります。

先進医療も、自由診療も高額療養費制度を使えないため、もし使うことになれば、
かなりの経済的ダメージになるので、備えておくのが良いかと思います。

ちなみに先進医療も自由診療も、例外はありますが、
ガンの治療になる場合が多いので、ガン保険で保障するという方法もあります。

【完全保存版】ガン保険の選び方
本日は、ガン保険を検討する上で、どのようなことを考えればよいか、解説していきます。 これから加入をする方にも、現在加入しているものを見直す方にも参考になると思います。 ぜひご覧ください。 ベースは健康保険の保障である 医療保険の...

おすすめの医療保険 3選

ここまでをまとめると、

・手術代や薬代 → 10万円/月
・入院中のベッド代や生活費 → 2,380円/日~
・先進医療や自由診療 → 治療により大きく変化

となります。

医療保険でカバーしても良いですし、
先進医療と自由診療をガン保険でカバーし、残りは貯蓄でカバーするという方法でも良いです。

これを踏まえ、契約内容を考えていただければと思いますが、
おすすめの医療保険を3つ紹介いたします。

以下、全てインターネットから加入することができます。

①都民共済 入院保障2型

メリット:安い(何歳から加入しても実質1,200~1,400円/月の負担で、入院保障10,000円/日と手術保障2.5~10万円/日を確保できる)
デメリット:65歳以降の継続が不可、先進医療がMAX150万円までしか保障されない

②チューリッヒ 終身医療保険プレミアムDX

メリット:一生涯続けられる医療保険の中では安い、先進医療がMAX2,000万円まで保証される
デメリット:総額支払いを考えると高い(1,500円/月でも50年払えば900,000円になります)

終身医療保険は、ネットで入れるような保険会社であれば、どこで入っても大差ないので、
お好きなところで入っていただくのが良いかと思います。

③SOMPOひまわり生命 リンククロスコインズ

メリット:先進医療のみの保障を500円/月で加入できる
デメリット:先進医療の保障は、医療保険やガン保険の特約なら100~200円/月のため、割高である

最後に

いかがでしたか?

何となく医療保険に入っている方も多いと思いますが、無駄な保険料を払わないために参考にしていただけますと幸いです。

その他色々は知識をブログでご紹介していきます。
個別のご相談等は、Twitterまでご連絡いただけますと幸いです。

以下、関連記事です。

養っている配偶者もしくはお子様がいるのであれば、ガン保険のみならず死亡保険についても検討するのがオススメです。

【完全保存版】死亡保険の選び方
こんにちは。 本日は、死亡保険を検討する上で、どのようなことを考えればよいか、解説していきます。 これから加入をする方にも、現在加入しているものを見直す方にも参考になると思います。 ぜひご覧ください。 掛捨の死亡保険を選ぶ ...

 

医療保険はガン保険と保障が被っている場合もあるので、合わせて検討しましょう。

【完全保存版】ガン保険の選び方
本日は、ガン保険を検討する上で、どのようなことを考えればよいか、解説していきます。 これから加入をする方にも、現在加入しているものを見直す方にも参考になると思います。 ぜひご覧ください。 ベースは健康保険の保障である 医療保険の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました