教育費はいくら貯めたらいいのか?

教育資金

こんにちは。

本日は、「教育費はいくら貯めたらいいの?」という疑問について、解決していきます。

特に最近結婚や出産をご経験した人は気になるのではないでしょうか?

早速ご説明していきますね。

スポンサーリンク

【結論】子供1人につき、15~18歳までに300万円貯めれば良い!

早速答えですが、教育資金については、お子さんが15~18歳になるまでに300万円貯めておけば問題なし、です。

詳しい方は「私立大学の学費総額は600~800万円ではなかった?」と疑問を持つかもしれませんが、私は300万円で良いかと思っております。

その理由を解説していきますね。

【理由】教育費の支払いが平準化されるため

理由としては、300万円貯めるように考えておくと教育費の支払いが平準化されるため、です。

保育園から大学までの平均的な学費は、以下の通りです。

見ていただくと分かる通り、私立へ進学したタイミングで教育費による支出が跳ね上がります。

全て国公立で進学した場合だと、多くても60万円/年ほどで済みますが、私立の場合には100万円/年以上になる年も少なくありません。

ここで、

・パターン1:大学のみ私立だった場合
・パターン2:高校・大学が私立だった場合

において、約300万円を貯めた時の教育費の支払い推移を見てみましょう。



※貯蓄欄がマイナスになっているのは、貯めた資金を取り崩すという意味合いです。
※保育料は、認可保育園の場合夫婦の収入によって決まるため、平均的な金額を記載しています。

このように15~18歳で300万円貯まるように教育費を準備しておくと、教育費の支払いを平準化させることができるため、
私立に進学するなどで教育費が跳ね上がったとしても、奨学金などに頼らずにお子さんを独立させることができます。

【例外】200~300万円貯めれば良いという訳ではない場合

中学から私立に進学させたい場合

中学から私立に進学させたい場合は、15歳までに300万円じゃ間に合いません。

計算してみると、12歳で360万円が目安となり、詳しくは以下の通りです。

小学校から私立に進学させたい場合

小学校から私立の場合は、教育費を貯める余裕がないと思います。

保育園卒業後から100~150万円/年の支出となるため、毎年の収入から払っていく必要がありますね。

留学させたい場合

留学させたい場合は、期間や留学先によって様々です。

100万円/年で済めばよい場合もありますし、色々負担すると数百万円必要になるケースも多いです。

この場合も事前にしっかり準備しておく必要がありますね。

【方法】教育費のオススメの貯め方

10年以上の期間がある場合:投資信託

教育資金を貯める上で、10年以上の期間がある場合は、投資信託による資産形成がオススメです。

しかし、あくまで投資信託はリスク資産であるため、現金も保有しつつ、値動きに応じた出口戦略を考えておきましょう。

10年以内に貯めなければ行けない場合:現金

もうお子さんがある程度育っており、10年以上の期間を見込めない場合には、現金がオススメです。

投資信託を使ってはいけない訳ではありませんが、時間的分散が取りづらくなり、リスクも上がってしまうため、私個人的には現金をオススメします。

【参考】教育費を貯めるためのオススメの金融機関

証券会社:SBI証券、楽天証券

教育費を投資信託で貯める場合には、私は手数料の安い株式系のインデックスファンドをオススメします。

投資信託を購入するために開く口座は、SBI証券と楽天証券が、

・選べる投資信託の数が多い
・業界最安クラスの手数料
・クレジットカードで積み立てるとポイントが付与される

ということで、オススメです。

以下、それぞれの公式サイトです。

SBI証券の口座開設はこちら▶

楽天証券の口座開設はこちら▶

私はSBI証券をメインで使っております。

銀行:住信SBIネット銀行、ソニー銀行、auじぶん銀行、PayPay銀行、イオン銀行

現金で貯める場合には、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、auじぶん銀行、PayPay銀行、イオン銀行をオススメします。

それぞれの銀行では、他行から手数料無料で毎月一定額を引き抜いてくれるサービスがあります。

全ての現金を同じ口座で管理していると、使っていい現金なのか、貯めておくべき現金なのかわからなくなりますので、分けておくことをオススメします。

特に、お勤め先によっては給与支払い口座とする銀行を指定されるケースもあると思いますので、
それとは別に上記の5つの銀行から1つは口座を開いておくことをオススメします。
(※私もメガバンクに給与支払い、ネット銀行が資産形成用と分けております。)

私は個人的にSBI証券を使っていることから、証券口座との連携を意識して、住信SBIネット銀行をメインで使っています。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら▶

ソニー銀行の口座解説はこちら▶

auじぶん銀行の口座解説はこちら▶

PayPay銀行の口座解説はこちら▶

イオン銀行の口座解説はこちら▶

まとめ

まとめますと、教育費の資産形成については、以下の点を意識してください。

・お子さんが15~18歳時点を目安に300万円程度貯める
・メイン口座とは別の口座を作って貯める
・10年以上の期間がある場合は投資信託を検討する

その他色々は知識をブログでご紹介していきます。
個別のご相談等は、Twitterまでご連絡いただけますと幸いです。

 

以下、関連記事です。

教育費を貯める代表的方法の学資保険と、投資信託を比べてみました。

【どっちがオススメ?】学資保険 vs 投資信託
こんにちは。 本日は、学資保険と投資信託のどちらが優れているのか、という観点で記事を書いていきます。 FPとしてよく相談に乗るトピックなので、是非ご覧ください。 そもそも学資保険とは? 学資保険には2つの機能があります。 ...

 

インデックス投資信託の中でも人気のあるS&P500について、過去データから平均リターンや損失の可能性について、分析してみました。

【最強のインデックス投資】S&P500の過去データから、リターンと損失の可能性を考えてみた
こんにちは。 本日は、アメリカ株式のインデックス投資として最も有名な1つでもある、S&P500の過去データを元にリターンや損失の可能性を考えていこうかと思います。 既にS&P500に連動する投資信託を購入している...

 

お子様をご出産された際には、教育費とセットで死亡保険についても検討するのがオススメです。

【完全保存版】死亡保険の選び方
こんにちは。 本日は、死亡保険を検討する上で、どのようなことを考えればよいか、解説していきます。 これから加入をする方にも、現在加入しているものを見直す方にも参考になると思います。 ぜひご覧ください。 掛捨の死亡保険を選ぶ ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました